商品一覧

エコリヒート

熱源機一体型業務用追い焚きユニット

エコリヒート

大変好評をいただいています業務用追い焚きユニットの発売からはや13年、新たな追い焚きユニットが登場しました。「エコリヒート」は熱源機と追い焚きユニットを機能的に一体化させ、従来機では必要だった配管を不要にしました。面倒な個々の操作も不要!貸切風呂などにおすすめです。

「どんな環境でも簡単に追い焚きしたい!」

⇒ 温泉、貸切風呂……どんな環境でも置くだけで使える新型の業務用追い焚き装置が登場しました。その名もエコリヒート! 業務用追い焚き装置を熱源機と機能的に一体化させることで、追い焚き機能と熱源機能を併せ持ったさらなる省エネ・省スペース・省コストの製品に仕上がりました。改装を繰り返して配管が複雑になってしまった施設様でも大丈夫!余計な配管は一切不要です。(本製品は実用新案登録製品です)

こんな悩みを解決します

      

  • 複数の小中規模浴槽を増設・新設し、そこでそれぞれ追い焚きを行いたい
  •     

  • 既存浴槽で追い焚きをしたいが、ボイラー等の熱源が遠く配管が複雑になってしまう
  •     

  • 家庭用浴槽だが、使うお湯が温泉なので浴室に付随する追い焚き機能が使えない


  • 温度調節が難しい上、出しっぱなしの湯がもったいなく感じる
  • 湯温を維持するために、差し湯をしている
  • 小さな浴槽のために、昇温機能のあるろ過装置を導入するのはコストがかかりすぎる
  • 初期費用・ランニングコスト・管理の手間・故障の多さ・レジオネラ菌問題などを考えると、ろ過装置はできれば導入したくない
  • 工期に間に合わせるため、他社よりも短納期で欲しい

エコリヒートの特徴

  • 従来の「追い焚き装置」の改良型
    従来の追い焚きユニットの機能・メリットはそのまま全て引き継いでいます。熱源機とは単に外部で接しているだけではなく、機能的に一体化しているためひとつの操作盤で操作が可能です。また従来の追い焚きユニットに必要であった構造・配管を熱源機と共用化することでさらなるコストダウンを図りました。「追い焚き装置」自体に関する詳細は追い焚き装置の商品ページを御覧ください。

     ⇒ 「追い焚き装置」YNUシリーズ
  • 余計な配管が一切不要
    当然のことではありますが配管が多ければ多いほど、また複雑であれば複雑であるほど工費はかさみます。また長期使用の際の保守や修理の費用、レジオネラ菌の温床となることなどを考えると、配管は必要最低限であることが望ましいです。エコリヒートは単に追い焚き装置と熱源機を一体化させ、余計な配管をなくしました。浴槽の近くに置けば、簡単な配管を引くだけで済みます。
  • 無駄な運転をカット
    ボイラーなど大型の熱源機を用いて給湯を行えば、深夜や早朝など小中規模浴槽をひとつだけ追い焚きしたい場合にオーバースペックとなってしまいがちです。コップ一杯の水を温め直すのに大鍋は必要ありません。それどころか熱源機の寿命は燃焼時間によって決まるため、大容量の熱源機で小さな燃焼を繰り返すことは非常にもったいない方法であると言えます。エコリヒートは一台一台に小型の熱源機がついており、必要な時に必要な分だけ追い焚きできます。
  •     

  • 複数台でもオトク
    複数の浴槽を追い焚きしたい時、大型のボイラーからそれぞれの浴槽に配管を引くよりも、エコリヒートを複数台導入する方がコストが下がる場合が多いです。なぜなら、前者には非常に高額な配管工事費用が発生するからです。本体代金と工事費用の総額、配管メンテナンスの費用、それからいずれ訪れる修繕・取替費用、その全てを総合的に考慮すると、エコリヒートはコストカットの代表的な選択肢になりえます。

        

  • 修理・取替が簡単
    熱源を大型機器ひとつにまとめてしまえば、トラブルの際にすべての浴槽に影響が及びます。大型であればあるほど修理は大掛かりになり、万一取替が必要になった場合には平均三日の熱源全停止(工事自体は平均一週間)を要します。エコリヒートを各個室や各浴槽に設置いただいた場合、熱源機の寿命が迫った際にも該当の個室・浴槽だけを停止するだけで取替が可能です(取替期間は半日から一日です)
  •     

  • 家庭用としても使用可能
    本来、家庭用の浴槽には追い焚き機能が付随しています。ですが使うお湯が温泉だった場合には、含有成分の影響ですぐに壊れてしまうため、既存の追い焚き機能では対応ができません。エコリヒートはほとんどの温泉に対応しており、特殊な泉質であってもカスタマイズによって追い焚きが可能です。

catab

※「エコリヒート」は㈱ユーアイ技研の登録商標です。

ページ上部へ戻る